妊活に、神頼みの風水を取り入れる

神頼みの風水

この歳まで、妊娠出来ないと焦りも有り、
とにかく何でもいいから神頼みという気持ちがあります。

いとこは、風水によると、毎日玄関を掃除すると結婚できると聞いて、玄関をきれいにして、結婚できたそうです。今では2人の子宝にも恵まれています。
それを聞いて、私も風水を取り入れています。

風水で子宝に大事なのは

よく子宝で聴くのは、ベッドルームが1番重要で、パブリック類は、ピンク系の明るい色にするということです。

ピンクには、女子力をアップしてくれて、ホルモンも上げてくれる効果があるそうです。

結婚当初、ベッドカバーのリネン類からカーテンまでピンクで揃えました。私はピンクが好きなのでウキウキで選びました。実家の母がそれを見て、「旦那さんはそれで本当にいいって言ったの?本当にいいって言った?かわいそう…」と言ったくらい、ピンクで可愛くまとめてしまいました。

子宝に良い枕の向き

子宝を授かりやすいのは東枕がいいそうですが、たまたまうちも東枕になっています。

掃除が最も大事

また、ベッドの下のほこりを放置せず、こまめに掃除することも忘れてはいけません。
風水云々よりも、清潔な環境で生活するというのは、気持ちのよいものですし、衛生的にも良いです。

シーツ類を清潔に保つために、こまめに交換もしています。天気の良い日は、外で布団も干します。そして、寝室の窓も開けて空気の入れ替えもしています。

玄関と水回りは清潔に

後は、やはり運気が回ってくるように、良い「気」が入ってくる様に、玄関はきれいにして、トイレやお風呂場、キッチンなど水回りも清潔に保つことが良いそうです。水回りは、毎晩使用後にきれいに掃除しています。

寝姿が映らない鏡向き

ベッドルームにある私が結婚の時母がプレゼントしてくれたドレッサーの鏡も、寝姿がうつらないような位置に置いてあります。寝姿がうつると運が跳ね返ってしまうそうです。

玄関によく置く全身鏡も同じで、玄関の扉と向かい合わせに置いてしまうと、玄関から入ってきた運気が出ていってしまうそうなので、玄関には鏡を置いていません。

インテリアには、暖色を。

家の中の色は、ブルー等よりも暖色系のオレンジなどの方が良いそうです。リビングは、ソファーやカーテンなどオレンジ系でまとめています。

トイレのスリッパは、別のものを使う

トイレにはスリッパを用意して、家のスリッパと分けるのがトイレの悪い運気を家に持ち込まないので良いそうです。色はピンク系やイエロー系、グリーン系が良いそうなので、一階のトイレ黄色で揃えています。ただ2階のトイレは壁紙をブルー系にしてしまったので、スリッパなどの小物もブルー系で揃えてしまっています。これがいけないのかな?

やはり、寝室を常にきれいにして、そして家全体を清潔に保つことが、運気を上げて子宝に恵まれるということのようです。

わかってはいるのですが、どうしても掃除は苦手で、後回しにしてしまい、結局、旦那に週末やらせてしまうことが多いのですが、もう少し積極的に掃除をしていこうと、思い直しました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)